7/27/2016

インバウンドビジネス: 海外ビジターを日本に迎える 先ずインフラ施設整備

インバウンドビジネス:海外ビジターを日本に迎えるには、
先ずインフラ施設整備を

数年前より個人的見解をブログ上で、facebook 上で、さらにはJapan Tourist Bureau観光局に「海外からのビジターを受け入れるにあたって設備整備をもっとしてほしいと」発信してきた。下記のように海外から日本へ帰国して気になった点を指摘した。
するとかなりの反応があった。日本に拠点をおく旅行社社員に多く読まれたと伝え聞く。
当時の私の指摘を振り返ってみると:
  1. 車椅子、ベビーカーのアクセス、公共交通機関が飛躍的に整備され拡充される中、スーツケースも含めたランプアクセスが絶対的不足している。地下鉄でもエレベーターがなかなかついておらず、古いものに敢えてエレベーターアクセスを入れるとホームの隅っこにあって見つけにくい
  2. 日本語以外の公共機関、公的私的の表示やサインがなく、まごつくこと、またそれにともなうスマフォやタブレットでの駅構内での日本語以外の対応が全くない
  3. wifiの設備を大幅に増幅させ、日本以外の国のスマフォ・携帯電話でもアクセスできること(日本以外ではどこの国でも同じ周波数が使われるが、日本のみが周波数の範囲が違うのでどれも使用できない)
  4. お金をかけないでも日本国内を旅行出来るような宿泊所や交通機関があってもいい。長らく円高が続いた後で円安になった途端、海外旅行者がうなぎのぼりに増えた。確かに中国、韓国、台湾の経済力貨幣の交換レートがよくなったのも、その原因である。外食はかなり安価でもできる。しかし現実には高価な通訳案内がつくパック旅行でしかなかなか国内をまわれない仕組みになっている。まわりたくてもどうしていいか、日本国内どこの主要駅でも右往左往している外国人観光客を見かけては、声をかけ道を教えてあげる。表示を訳してあげている。日本語以外でも比較的英語表示のある新幹線はパックツアーじゃなく個人で移動できるが3万円近くするレールパスを使うもしくは運賃が決して安くない。安価な在来線、高速バス、レンタカーで高速道路を利用となる日本語がどうしても必需となる。個人旅行とくにお金をかけないバックパッカーでも旅行出来るという国は、イコールその国がいかに経済的にも国として観光客に開かれているかというバロメーターになると考える。例えば、昨年の夏私自身も行ってきた、最近旅行者に開かれたキューバやミャンマー(ビルマ)は国内・海外資本の高級ホテル利用でしか旅行できなかった。
  5. さらに日本語以外の情報が極力限られている。英字新聞、しかしもっとこれだけ他言語、海外からの移民が雇用され、その子弟の教育の窓口を広げることが社会問題となっている以上、もっと各国語のラジオ局、テレビ局があってもよいではないか。欧米の言語でのマスメディアの媒介がもっと増えてもいいのではないか。 
  6. 日本は韓国や中国、台湾同様、携帯ですべてがまかり通る携帯中心国だ。こした暮らしぶりになって久しい。携帯アクセスが日本の携帯プロバイダー会社が提供する周波数と海外のそれと違うので、海外の携帯が日本国内では使用できない。ではもっと、安価で日本の携帯を借りられるようにできないものか。
  7. 最後に日本の暮らしの中になくてはならいコンビニストアでのメールオーダーの商品の受け渡し、宅配便の発注。これらは非常に便利だ。この便利なサービスをもっと日本語以外でも利用できるようにすすめてほしい。 たとえば旅行者なら、スーツケースを空港まで送れるサービスの拡充や、お土産の宅配便サービス利用など、日本へ帰国するたびに日本の宅配会社が国内の北海道や沖縄の離島まで隅々とした充実したサービス網におどろかされる。これをもっと他言語でもできないかと願う。

としたこところ、要するに日本がこれから観光立国として、また経済的にも発展する要因は多言語国家として発展していくことではないかと考える。
上記にリストしたものを一つ一つ検証していくことにしたい。今年の夏に改善されたものがいくつかあった。ランキングに参加中です。こちらもお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログへ

7/26/2016

考える力、感じる能力 ”sense” and ”think”

July 23, 2016

Ruth Ozeki ‘ A tale for the time being” をオーデイオブックで聴いて
大学で哲学を学び、この夏休みにアメリカの禅堂で住み込みで働きながら修行するという息子の友人が勧めた著書を読み終えた。読後感いっぱいの内容の濃い著書には、父親の仕事で幼児のころからアメリカで育った主人公が、その父親の事業の失敗で日本に戻り、日本の高校で卑劣なイジメにあいながら、寺院に暮らす得度したひいおばあちゃんからエンパワーメントをもらう様子が描かれている。主人公のためちゃんがダメな父親だと思っていた男から考える力と感じる能力が人にとっていかに大事かを諭されるといった下りもある。
考える力は現代のマス教育(多数の生徒を一度に教え込もうとする教室における教育を指す)における学力テストでは記憶する能力がどうしてによって優劣を決定されることが多いし、往々にしてそれでいかにその人の人生が決まってしまうかのように取られる。私は大学で言語を教えている、自分の生まれ育った第一言語以外の第二言語、第三言語を学習するには記憶によるものととられがちだ。しかし果たして記憶ばかりだろうか。これは言語を学習するばかりでなく、数式や公式、法則を覚えるばかりが数学じゃないのは誰でも分かる、そこから法則から導き出されなければならないものがあるのは、周知のことである。が言語を学ぶときもこの考える力が要求される。つまり記憶したものをTPO(時、場所、機会)に置き換えて当てはまる作業、そしてその応用、さらにはそこから総合的に自ら学んだものを総合的に判断して新しいものを生み出していく能力こそが考える力としておきかえられるのではないか。こうした力が現代社会の若者に求められていると声高に叫びたい。
日本でもアメリカでも東アジアの中国、韓国、台湾でもこうした質の良し悪しに関わらず、大量に児童、学生を教育し、テストの点数、偏差値のよいものが人生の勝ち組になれるとばかりの学びの場を与えてきた。そうしてできた成人した教育者、政治家、企業家、クリエーターはさらに同じようなクローンを生んでいく。それは道徳しての善悪の判断を殺めさせる。人として、人類世界の発展に貢献できるかというのは、一個人一つの国の物質的豊富さに依るものではないだろう。この判断こそが ’感じる能力’だと言いたい。’考える力’が記憶力優先、テストの結果重視のマス教育の結果だとしたら、’感じる能力’ 経済発展を重視する人々の欲望が私たちからその能力を剥ぎ取った結果だと考える。コンピューターを操作するのもこの経済発展物質的に豊かな暮らしへ、固執またそうしたものへの嫉妬などの感情の表れではないだろうか。
私たち人はこの’感じる能力’があるから、考えて生きられるとさえ思う。最近、私の周りにも「老い」が身近に感じられる機会が増えてきた。その度に自分に、また身近なものに「長生きする秘訣は、食事管理も適度な運動も大事だろう。しかしもっと本を読み知的刺激を取り入れること「考える力」と「感じる能力」をいかに保つかを大事にしてほしい」と力説したい。

ランキングに参加中です。こちらもお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログへ

7/25/2015

北米東海岸ニューイングラン地方、森の村の行政サービス

カリブからまた夏限定でモンタギュー村に帰ってきた。ここは北米の田舎町でも、60年代の米国カウンターカルチャーの流れを組む村だと以前にも書いた。俗に言うヒッピーのコミューンがあり、車で2−3時間のボストンやニューヨークから流れてきた農村に帰ろうとするBack to the nature・  Protesting Vietnam Warの学生たちがきて農業と19世紀からの工場町に上記のように新たなコミューンが加わり2重構造の村になった。

1970年代当時だれも疑問視さえしなかった原発に、このコミューンの若者が村人の家一軒一軒をまわり近くに計画された原発とは一体何なのか、そしてその原料や機能の面で永久的なその危険性がつきまとうと反原発運動をおこした、という歴史をもつ村である。またそれに加えて近くには総合大学のマサチューセッツ州立大があったり、日本の歴史とも関係が深いウィリアムクラーク、新島襄、内村鑑三が卒業したアマースト大や、数々の大統領夫人が出た女子大スミス大、マウントホリヨーク大があったり、大学教授らが州のやり方に反発し自ら創設する学位取得があるハンプシャー大があるので、学生が多い一方、学生時代を終え、そのまま居座り家族をもったり、持たないままコミュニティーにいるものが多い一方、農民の子孫や工場労働者もいる。

村民の多くはプログレッシブ(革新)だからあらゆる人種も民族も文化も同性愛の人々も混在するが、その広がりは北部の大都市ほどない。というのも職がないから、住みたくても現金収入先が非常に少ない。最高峰の教育、博士号をもっていて農業を営みファーマーズマーケットに出店して僅かの身銭を稼いでいるというのも多い。細々とコミュニティー紙を発行している、普段はボストンやNYシティーで仕事をし週末だけ家族の元に帰ってくるものもいれば、2−3世代前におじいちゃんや曽祖父母が大金を元に財団を作ったので、そこから低収入をもらっているトランスとファンドつまりオールドマニー出身の住民もかなりの割合いる。昔から大金持ちでもないものや、新しく移民としてやってきたものもいるにはいるが、白人以外の人口

がいるにはいるが、ほとんどが近くの大学に通勤通学する住民であって、圧倒的な白人中心の村だ。白人の人たちは世代を超えて教育の場でも職業でも優先されてきたから、いくら数十年前から背景の多様な住民、革新的な住民が引っ越してきても、その子供たちが成人しても住民全体から見ればまだまだ目立たない。企業や大学の教授募集やスタッフの募集には百人という応募があるのは当たり前だと、友人の大学教授が嘆く。しかしこんな村にもここ数年、東南アジア系移民を中心に大学関係者でもない白人以外の住民が増加してきて目立つようになった。

市町村の収入は州のレベルから言ったら最下位であるが、その割に行政サービスが整っていて、環境もよい、文化もある程度享受できるそんな村の生活を紹介しよう。モンタギュー村のインターネットサイト

先ず村の予算は各戸に課せられる固定資産税と企業・事業種に課せられる企業税が主な収入源だ。ここに昔からある小規模の工業団地の隣にある小型飛行機専用の飛行場利用料が加わる。また州から各市町村への分配も多少ある。それ以外の収入税は国税だし、消費税は州の財源となるから、住民は確定申告を国用と州用に申告しなければならない。そして市町村からは固定資産税の請求が役場から送られてくる。また車庫税や犬の登録料、街灯や消防も市町村ごとに請求がくる。これらをモンタギュー村ではインターネットで支払うことが可能。大抵支払期限の3〜4ヶ月前に送付され、年に2分割されて請求される。
州の中では350ある市町村の中でも一人当たりの年収が316位と最下位にちかいが、全米的には平均的な年収といえよう。

市町村名  平均一人年収 各戸の年収 家庭の平均年収 人口 戸数  

Montague


$26,889   $45,342    $70,444  8,422 3,715
ちなみに米国全体の数値は

United States
Country$28,155$53,046$64,719311,536,594115,610,216

このほかに、モンタギューには図書館と19世紀の名残の工場街に運河がありその環境博物館が村の施設利用収入になる。市町村によってプールや運動施設からの収入があったりする。

この夏から来年の夏までモンタギュー村の収入の見積もりと予算の規模は:
Revenue Estimates for  FY2016
Tax Levy Prior Year Limit  $14,144,902 前年比2.5%増  $353,623
New Growth  (さらなる資産追加)$120,000
Debt Exclusion  (借金繰越)$677,864
Subtotal Tax Levy $15,296,389
各戸の平均年収の割には、村の収入源がかなりある。これはかなりの戸が広い家に住み固定資産税を支払っているからだろう。村の議会は無給の代議員・ボードメンバーが定期的に集まって決めているが、町民投票の議案もある。近隣の村には全村民が意思決定に加わる総議会によって決議される村もある。

次に北国には不可欠な冬の除雪や道路工事を司るハイウェーイ事業部、さらに住民の生活には欠かせない水道部(といっても村には上水道も一部を除いて下水道もないが、各戸の井戸が枯れないための水源地が村で確保されている)、そしてゴミ収集・資源リサイクル事業部、さらに土地の登録の不動産管理事業部などがある。村一番の大企業は日本の住友金属の子会社のみ、私立の病院以外は企業という企業はない。よって各戸の固定資産税が主収入源となる。書き忘れたが、具体的な数字は分かりかねるが、村唯一の工業団地のとなりに小型機専用飛行場があり、そこから空港使用料がわずかながら入る。

役場は週に1日住民の便宜をはかって夜間も開かれている代わりに金曜日は閉鎖される。週4日制である。公営図書館も週に三日〜四日開かれるだけで、その運営費も州から助成金をもらって、幼児たちへの読み聞かせなどのプログラムが開かれるのみである。

リサイクルステーション
リサイクル事業は近隣市町村より便利だと自負する。2〜3年に一度値上がりするゴミ収集のステッカーを大きなゴミ箱に貼って早朝に家の前にだしておけば、週一回取りに来てくれる。そして一週間おきに使用後のビン・缶・プラスチック、さらに一週間おきに紙類をリサイクルバケツに集め家の前に出しておくと、無料で収集される。もしこうした州一回家の前で収集してくれる日を忘れてしまうと、週に二日、リサイクル・ステーションセンターに、自分でリサイクル資材を持ち込む。車ごとトラックの脇に行き、仕分けされた大きなリサイクルトラックの荷台に放り込むシステムになっている。

除雪や夏の道路の掃除は結構、こまめに公道で車が走りやすいよう除雪車と道路清掃車が巡回する。村にオンブズマンといった行政や村の運営を監督するプロはいないが、村でミニコミ誌 を発行しているし、民間ラジオならぬテレビ局があるので、悪政をすればすぐにここらで叩かれるし、批判の目にさらされることになる。

村には昔の工場街地区があり、社宅を改造したアパートが連立している直線で200mばかりダウンタウンがありスーパーや金物屋、ピザ屋、駄菓子屋などの商店、銀行、パン屋、郵便局、クリニック、歯医者、バー、レストランやアンティークストアが並ぶが商店街というほどでもない。しかしこの近辺の街にユニークなサービスもある。それは「サバイバル・センター」といって余剰の乾燥物や缶類の食品や衣服、処分に困った家庭用品をもちこみ、必要な人がそこからもらってくるというサービスである。運営はボランティアと寄付金・助成金で人事や施設運営が賄われる。

ユーニークなコミュティーシアターなる劇場が商店街の端に近年改築再開された。60年代には活気があったようだが、建物そのものが朽ち果てていたため、数年前に州に助成金を申請し改築され息を吹き返した。夏休みや年間を通して子供達の演劇活動に利用されている。

サバイバルセンター
すっかり観光の目玉になっている昔の水力製材小屋Book Mill が古本屋、カフェ、洒落たレストンラン、土産屋、中古CD、アートギャラリーが滝の周辺にあり人を集めている。
週末、週日大勢の地元民で賑わうBookMill
私は近所の路上においてある無人の24時間営業、25年前から延々と続く有機農法の路地野菜売り場で卵、野菜、ヨーグルト、牛乳を普段から購入。ここでは現金、小切手の他、クレジットカードが利用でき、今夏真っ盛りには豊富な野菜と近くから産みたての卵、メイプルシロップ、牛乳、生花、ヨーグルト、などが冷蔵庫に入って販売されている。小切手、カード、現金を自分で秤で測って、計算し、自己申告制でお金を置いておくシステムになっている。

そんな村に最近、ますます昔からの友人が近隣の市町村から越してきた。
村の中心のコモン付近には図書館と教会、むかし小学校だったGrangeがあり、そこを抜けると環境保護区が広がる。ここでは小川で人々が水浴をし、犬が鎖をつけずに散歩ができるため、多くの人々が訪れる。
近年、洒落たカフェが最近お目見えした。フォトギャラリーの横に一軒、コミュニティー野菜花畠の近くに一軒、10年ほど前からあるライブハウスの横に一軒できた。やはり町の住民というより近隣から犬を連れて、あるいは自転車で、ラップトップコンピューター片手に人々が訪れる。外のパテオで犬が日陰でのんびりと昼寝をし、美味なカフェオレを横にコンピューターを叩いている。今は工業用には利用されず水量を調節するためのみ利用される運河の横に自転車道も完備された。

そんなモンタギュー村は
近隣の市町村からの移住者にますます人気が出てきた。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村
ランキングに参加中です。こちらもお願いします。