2/10/2013

「大学出」が何世代目かで,米国のお家柄が伺える。

先日の大統領演説でも、公のスピーチでも
米国では大学出が家系の何世代目かということが、話題になる。

3世代目以上となると少し家柄がよいという表現がされるし、
逆に大学に入学するのが母方でも父方でも、自分が初めてだというと
努力したということにもなる。

以前にも投稿したがアメリカの大学は、親も子供も必死に共同で受験と入学手続きにかかる。入る前にどこの大学へ入りたいか、入れるかを全米の大学訪問からはじまり、受験のための申請書記入、そして馬鹿高い授業料をどうやって支払うかの算段を親子でする。

なかには、自分の息子・娘には一切の授業料の支払いをしない、子供が大学へ行きたければ、すべて本人が賄うべしという 80年代前以降の大学進学事情を、自分が通って来たからとずいぶんと授業料の面でも変化しているのに、一切それを無視している親もいるには、いる。

各大学への願書には、親や叔父、叔母、祖父母がそこのを卒業したか、もしくは教えていたかと書く欄がある。(それが考慮されて入学すれば、裏口のコネ入学とは違う、堂々とヘリテージ入学と呼ばれる)

各大学への入学共通願書には親の学歴を書く欄まである。高卒、短大卒、大学卒、院卒をチェックし、さらに職業の年収まで聞かれる。

米国人にとって大学に入る目的は、知識を得る、いい職に就職する他に、大学ぐらいでておかないと、という社会的地位の確保がある。
近年では、日本では就職には大学より専門学校卒業し、資格をもった方が即就職できるからと、高校卒業後、大学へ行かずに専門学校へ入るものも多いのとは少し違う。

高額の授業料を払ってまでも、または国に借金ローンしてまで大学へ入るのは
学ぶという目的の他にも、大卒というステータスを得るためでもある。

確かに高卒でも、得られる職業があるが、高卒と高校認定証書をとったのも多少違い、さらに就職のおり履歴書にもその辺りが問われる。

日本とアメリカ2国を比べたかぎり、米国の方が大卒という意味合いのウェイトがもっと大きいようだ。

だからという訳ではないが、高い授業料、子どもたちが学びたいというなら、親は親族は必死になってお金を確保するのに奔走する。

2/09/2013

北国の春はまだ遠い。除雪作業中、

フーーー。

立春、節分会と無事にアメリカで終えたと思ったら、
この雪です。
一人で除雪作業していた訳ではありません。私はあくまで
クロスカントリースキーを持ち出して、犬の朝の用足しと散歩の道をご丁寧にスキーで作っただけ。夫が一時間半かけて除雪。夏芝刈り機、冬雪飛ばし機になるライダーにのって家の周りドライブウェイ半分したところで修理に出したばかりの除雪機ダウン。

北米にある田舎の一般家庭です、それほど大きくありませんが,雑木林が庭続きにあるのでかなり広く見えます。自宅と納屋と1エーカーちょっとの庭とドライブウェイと薪置き場の納屋と物置小屋になったガレージの敷地で、除雪作業は至難の業です。
とにかく朝起きたらこの状態。雪嵐と風の低気圧で戸外にでるなと州知事が警告をだし、降るとは予報で言ってました。一日中家をでなかったからこの有様。玄関までしっかり吹き付けていました。

先ずはシャベルでポーチの雪かきをしないと犬も用を足せないし、除雪車のある納屋までもたどり着けません。  昨日昼ごろから18時間で積雪約1m。 



身長せいぜい60−70cmの我が家の犬はもちろん埋まっていました。しかもちょっとそこらで用を足す習慣をもたず(すみませんネタが下方ばかり)、雪に埋まり、自ら穴をほることも出来ず、うろうろ。昼近くに除雪作業、半分終了。まずはこのポストのまわり、そうしないと郵便屋さん配達してくれません。ですから丁寧に除雪車とマニュアルの手作業でメールボックスを掘り起こします。そして、ドライブウェイにしっかり多いかぶさっている公道の雪をかいて行きます。
日本の友人は角の家は日本では人気があるよといっていました。雪かきをするたびに、家の前の角の雪が全部、我が家のドライブウェイを封鎖してしまう半端じゃない雪の量を前に、小言を吐きます。大きな州道や高速は州が除雪しますが、一般道は市町村のハイウェイ課が担当しています。雪の日は早朝3時頃からの作業でご苦労様なのです。が我が家の前に山のように雪を置かないで頂きたいと苦情もでます。いぜんはこれを手作業でやっていて、冬はいつも肩を痛めてました。

さて明後日出勤できますでしょうか。この車の周りの除雪はやはり手作業です。

そうこうしている間に、山の頂上に住む知人から連絡が、そちらはまだ除雪トラックが来ていないということ。
除雪機が自宅にないと、除雪機をトラックにつけている業者に頼みます。これもトラックのメインテナンスが高くて、年々費用が上がって行く様です。どちらが低額かわかりません。我が家の除雪機にしても、故障がよくおきますから、メインテナンスの費用もかかります。
人に頼むと、順番待ちがあります。というのも知人は夕方の5時になっても、まだトラックが来てくれないから家からでられない。救援に行きましたが、たとえ4駆のジープでもとても太刀打ちできない。

先ほど救援を諦めて帰ってくる途中、また近所の人が新手の除雪をしていました。
彼の家は20mほど坂の下にありますが、この坂の下から一気に駆け上がって普通の乗用車で除雪していました。ああ、すごい迫力。







ランキングに参加中です。こちらもお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログへ