4/24/2011

18歳、米国市民としての責任と義務その2「覚悟」を決める

18歳、米国市民としての責任と義務として以前投稿しましたが、その後数ヶ月の歩みを記しておきたいと思います。
息子が18歳になる直前に、合衆国政府から封書が届きました。その封書は、彼宛に毎日束のようにやってくる数通の大学案内にまぎれていました。一通はセレクティブ・サービス(国の緊急時には徴兵に応じますという登録書)の封書、さらに無差別に選ばれた裁判陪審員への出頭要請もあります。ナショナルセキュリティー(国家安全委員会)からの外交、安全保障に関する青少年リーダー養成フォーラムつまりCIAへから、奨学金もだすからといった会議への参加招待も来ていました。

息子は陪審への出頭をとても誇りに思っていたようです。学校でも職場でも欠席扱いにならず、陪審員としての指定案件の審査を済ませて選ばれれば、裁判所から某の金一封も支給され、アメリカ国民としての義務を果たします。本人は一人前の、意志ある成人と扱われた気がするのか「誉れだ」として勇んで出かけました。

一方、セレクティブ・サービスこれこそが、米国で男子を生み18年間いつも、片時も母である私の頭から離れなかった徴兵制の予備登録書であります。セレクティブというからには選択制かなと思いますが、いやいやそれはお国の緊急時には、国の為に身を呈して尽力することを誓う徴兵登録であるところに間違いありません。登録書は運転免許書と連携し免許申請時に訊かれ、さらに大学の申請時にも、高額の授業料(全米学部に関わらず、授業料と初年度は近隣学生でも寮に入る事になっているから、すべてあわせて日本円500万円位、年間かかる)の免除、もしくは奨学金要請を行うのに、大学や私設の奨学金申請エージェーン トから、政府から徴兵登録はすませてあるか、済ませてなければ即刻するようにと促されます。

何人かの男子をもつ親にも聞いてみると、「これはいわゆる一般でいる徴兵制でない、悪魔で予備登録だから、署名したからといって即、軍隊にとられる訳ではない」ということで署名した。という弁護士の資格をもち、大学の法学部部長までしていた父親からの返答もありました。(それでも署名したら国の戦争行為そのものに協力したと私は解釈しますが) また即大学の授業料奨学金申請をしなくてはならないので、考えずにその場で息子の替わりに署名したという母親がいたり、そんなことは知らない、まだ運転免許をとったばかりだからかどうか、セレクティブサービス封書そのものを、18歳になっているがもらっていないというクラスメート男子も数人いました。

母親として息子には常々、徴兵拒否コンシエンシャス・オブジェクターとして登録してほしいと願っています。全ての生命を敬う人間になってほしいと日本の祖父母に命名してもらった「敬生」という名を持つ息子です。父親であるアメリカ人夫は、原子力潜水艦を製造する軍隊の町に育ち、父親も義父も軍の仕事に携わり、母親の夫義父はGEジェネラルエレクトリック社でも仕事をしていました。しかし夫は18歳の時、自分宛にコンシエンス・オブジェクターとして書類を送付し、自称コンシエンス・オブジェクターになっています。しかし息子には彼の人生なのだから本人の意思を尊重しようとの考えです。


このコンシエンシャス・オブジェクターということば、日本語では一般的に良心的徴兵拒否と訳されていますが、これでは本当の意味が薄れているのではないかと思われます。そう思い始めた背景として、ここ数ヶ月の息子との会話、家族の会話、周りの平和活動家の意見や、仏教僧と殺生について話し合ったことから、この言葉、そして徴兵登録の背景、意味について考えてみたいと思います。

4/21/2011

震災がおこってから6週間がたちました。まだまだ爪痕がのこる東日本へ " I love Fukushima'






 トラックバックはこちらでどうぞ http://ejje.weblio.jp/content/Industrial+Workers+of+the+World