1/12/2015

時代を語るその2 〜人種分離の壁と壁の狭間から


前回の記事 「アメリカの富裕層の集まるバグルの中から、バブルの外から」では、どうしてアメリカでは貧富の間に怒りが蔓延しているかを突っ込んで書かなかったが、これは人種間の隔たりといっても過言でない。

昨夜黒人の投票権獲得に焦点をあてたマルチンルサーキング牧師を指導者とした市民権運動の映画「Selma」を見て来た。それは現在あるアメリカ国内の諍いの始まりだ。


1960年代当時、肌が褐色で生まれ、黒人が多い住民区域に生まれ育ったばかりに
教育を受けられない、希望通りの職業に就けない、住民税を支払っても行政サービスを受けられない、個と個、群と群の争いや不公正を裁くための法や制度をつくる政治に参加できない、自分たちの声を届けるための代表者を選ぶ選挙に参加できない、よって司法にも陪審員としての参加も許されない。

こうした権利剥奪の生活は奴隷として、民主主義の国アメリカ合衆国に連れて来られた黒人のおかれた環境だった。映画「セルマ」では、市民権運動の闘争をピークとして有色人種の投票権の獲得が、キング牧師とジョンソン大統領との駆け引きで勝ち取られた様子が伺われる。しかしそれで全ての人種差別政策が取り払われ、人々の心の中の差別意識が静まった訳ではなかった。

映画「セルマ」では、憲法で基本的人権としての投票権登録が保証されているにも関わらず、黒人が選挙登録に行くとレジストラーが難癖をつけ、黒人の投票権を阻止していた様子が描かれていた。いくら法が改善されても、それを行使する人々の心が変わらなければ、そこには大きな壁が横たわっていることを如実に表していた。それは抑圧してきたもの、人の上にいたものの恐怖という形で表れる。


市民権運動の最後の要として住居区の隔離も1968年に禁じられた。しかし米国南部でなく ニューヨーク近くのコネチカット州の軍港の街に育った夫は、1970年代初頭に近所でおこった事件を覚えている。始めて白人ばかりが住んでいる居住地域に黒人の軍関係者の家庭が引っ越そうとした、すると白人の家庭が「この地域の平和が乱れる」という理由でその引っ越そうとした黒人家庭を追い出さんと署名に廻って来たのだ。その時、白人の父親は大声で署名に集めに来た近所の人を怒鳴り返し、その時やって来た黒人家ぞくと今でも、近所の幼馴染として家族ぐるみでつきあっている。


当時のホストファミリーのシスターと母親である、
私も1980年代初めフロリダへ短期留学に来た。その折、黒人家庭にお世話になった。自分の見聞きしていたアメリカのイメージとはずいぶん違う世界がそこでは展開し、いろいろなことに開眼させられた。すでに学校の隔離政策は1957年のリトルロック以降、廃止されていたにも関わらず、ホストマザーが教頭を勤める高校の生徒は、ほとんどが黒人だった。其の状況は今も変わらない。ホストの住民区域は白人ばかりのプールがある家並みがつづく区域である。しかし仕事上以外では一切、お隣近所の白人との行き来がなかった。プライベートでは独自の英語を話していた。写真は現在のホストファミリーの様子である。

今はどうか。先日このホストファミリーの数十年ぶりの誕生会に行って来た。するとアジア人、非黒人は私だけという状況が展開していた。結婚式の写真を見せてもらったがそこでも、親戚一同はすべて黒人だった。もちろん、権利や法律上のおかれた地位は今では白人と変わらない。しかし人々の心の中の恐怖、または恐怖までいかなくても快く相手を受け入れるかといった心情はまだまだ1960年当時から、特に米国南部ではあまり変化していないように感じる。ましてやそれが民族を超え、育った文化を乗り越えるだけでなく肌の色が違うものと結婚し親戚付き合いをすることが、どれほどあり得ないかを、よく先日も北部ペンシルバニア出身の黒人の友人と冗談で笑い合ったものだった。それは今でも隠れたタブー決して容易いことではないとされている。
まだまだ何世代も時間がかかりそうだ。

テレビを付ければ、犯人が先ず何人種かレッテルを張られているニュースが毎日流れている。「黒人だラテン系だアジア系、の強盗殺人が発生しました」といつも顔写真付きで報道されている国アメリカ。
「あなたには分からないわ。普通に道を歩いていても、向こうから私を認めると、すれ違うざま持っていた鞄をギュッと握る姿を見る度に嫌悪を感じる」と言っていたのを思い出す。彼女は黒人で自分が米国北部で育ち40年以上もそうした環境にいるとしみじみ話してくれた。

肌の色の違い、外見の違い、生まれ育った文化の違い、そして言語の違いを乗り越え、まず袖擦れ合うまでにどれほどの年月を要し、人を人として分け隔てなくつきあって行くには、いかほどの世代を通り過ぎなければいけないのだろうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿