5/24/2010

メキシコ湾の問題だけではすまないと、米国民はかなり地球環境を憂いている

ブリティッシュ・ペトロリアム社はじめ、(人はBP社をもやはBritish Petroleum 社でなくてBeyond Patient社とよぶ: 忍耐の限界を超えた会社)
3社が、米国の領域メキシコ湾沖合で米国政府のゴーサインもないまま
始まった石油採掘のニュースは毎日アメリカのメディアをにぎわしている。

人が過去に到達したことのない人間の手の及ばない海底にて掘り当てた油田だった。
しかし3社の欲でせっかく採掘した油にふたをせず、結果
採掘した油がもれ、メキシコ湾に火柱をたてて燃え上がった後も、
34日経た後も、いまだに漏れ続けれている。
この分では
メキシコ湾のみならず、
メキシコ湾から流れる暖流で米大陸東海岸が1年以内にやられ、
やがて大西洋沿岸、そして地球全体への影響は計り知れないと
アメリカ全体が焦っている。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy



今朝も友人や家族が
地元新聞や、ボストングローブ紙、ニューヨークタイムズ紙、専門家のブログを読みあさりながら、
ニュースを聞きながら、メキシコ湾に流れて出ている油からの環境破壊で
話しが持ち切りだ。

漏れた油を中和する為に大量に湾に注入された薬剤も半端な数じゃないらしい。
アメリカの消費するエビの80%がメキシコ湾岸からくるという、
海産物の値上がりを心配するもの、
石油の値段が高騰すると心配するもの、
もう海では泳げなくなると心配するもの、
ーーーなんだみんな自分の身の周りのことしか考えていないと思っていたら、

真剣に地球環境の未来の姿を憂いている。
どうなってしまうのだろう。と不安がっている。

自分たち人間の欲がまいた種だが、
おなじ人間たちが一番被害を被るはめになる。
科学者たちは沿岸沿いの人々の健康を憂い、
(白血病、免疫病、などなど)サンプルをとってラボでの研究が重ねられているが、
その情報が一般人の耳に入って来ない、
余計に焦るという図がまさしく展開している。

こうしてみるとつい先日までドラマとしても日本で放映されていた
山崎豊子著「不毛地帯」の会社利権がらみの石油採掘を思い出す.

最新ニュースによると(上記ビデオはネットワークテレビ局のものではなく、最近急激にアメリカで人々が聞いているインターネットニュースである)とうとう米国政府が国民の血税でなんとかするといいだすとか、
油は国民にとってもとても重要であるが、海の恩恵はもっと計り知れないということか
ランキングに参加中です。読み終えたら、こちらもどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. 福岡を中心として発行している『World Joint Club』への記事協力のお願い


    はじめまして。
    私、World Joint Clubというフリーペーパーの編集をしております、竹崎と申します。
    「海外情報をヒントにライフスタイルを提案する」をコンセプトに、多数のコンテンツで誌面を構成しております。
    その中で、‘The World Times’というページがあり、海外在住の日本人の方に毎回記事をお願いしております。
    ※弊誌のサイトからも内容をご覧いただけます!下記URLからご確認ください。今月号の電子書籍ファイルが見やすいかと存じます。
    //worldjc.com/

    今回、こちらの5/24のブログ記事を拝見し、この内容でThe World Timesの記事にご協力いただけないかと思い、ご連絡いたしました。

    詳しいお話はメールにて進めさせていただきたく存じます。

    急な話で誠に申し訳ありませんが、どうぞご検討いただきますよう、お願い申し上げます。
    下に私のメールアドレスを記します。
    お返事をお待ちしております。

    WorldJC編集部 竹崎史識 //worldjc.com/
    takezaki@worldjc.com

    返信削除