2/20/2009

アフリカのブログ紹介・ アフリカつながり

  • 気がつけば、アフリカ大陸に縁ができていた。東、西、南アフリカについて気になりはじめた。一口にアフリカと言っても、ヨーロッパのように大きく文化をくくるのとは訳が違う、日本を始めとした極東アジアが中東や南アジアや東南アジアと一からげに出来ないのと同じようなものだ。

  • なぜこの大陸に縁が出来たかは、不思議なもので自分で選んだというより、縁が向こうから所変え、品を替えいろんな形でやって来たという方が的を得ているだろう。人類学をかじっていた学部のゼミの頃から、25年以上も前に留学先でお世話になったアフリカ系のホストファミリーに、このアメリカの黒人差別が色濃くのこる南部を意識させられ、日本で最初の仕事が東アフリカの駐日大使館で、日本の外交、アフリカのエリートの様を目の当たりにした。それから数年後、奴隷貿易の中間航路を歩いて遡る行脚の間、ここマサチュセーツから数々の奴隷の無名墓で祈りを捧げ、アメリカの東海岸をニューオリンズまで下り、カリブ海の島々の奴隷市場を経て、アフリカ元奴隷海岸から南アまで1年2ヶ月の行進の手伝いも気がついたらしていた。そして西アフリカの精神性を描いた半世紀でベストセラーになった著者に出会い、その翻訳を手がけてから、一昨年春に同民族のシャーマン女性と日本でワークショップを開催した。アメリカの大学院のプログラムでは、アフリカ大陸への開発教育に力をいれ、現地のNPOのリーダーたちのために奨学金を探してアメリカへ呼び、工業先進国のみた開発教育を受けてもらって、現地に返す仕事もして来た。さらにヨーロッパ、北米東海岸で、奴隷の子孫と自称する人々の癒しの儀式に参加したりもした。そしてとうとう、また何かを仕掛けようとしている。

  • その流れで、数あるアフリカ関連のブログの中で、サイドバーでも紹介しているが、以下のブログが面白いと掲載した。
アフリカの大陸には、物が豊かな私達の暮らしの縮図があるような気がする。砂漠で、草原で、ジャングルで、アフリカ各国の大都会で暮らしている人々の暮らしを見つめるとき、自分たちの暮らしを見つめ直すヒントがある様に思えてならない。

まず、小難しい政治が分からないと言う方も、地理的にも心理的も遠すぎて、身近に感じられないという人も、とにかくここに掲載されている写真を見てほしい。原色の色使い、自然の中の様々な色合いを。

西アフリカはブルキナファソの写真、
http://www.jtw.zaq.ne.jp/bando/1_1.htm

西アフリカの人のNPOグループのホームページ
Wisdom Spring
http://www.wisdomspringinc.org/
Sobonfu
http://www.sobonfu.com/pages/index.shtml


読み終えたら、こちらをクリックしていただくと光栄です。
ランク参加中。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 政治ブログへ

1 件のコメント:

  1. ウチまで紹介してもらって何となくすみません(^^ゞ。

    返信削除