3/15/2009

いやー 続編、すばらしいミュージカルで感動

感動でドキドキが止まらなかったミュージカルが、いつまでも脳裏を離れない。
いまだにコーラスを口ずさみ、
一緒に踊ってしまう。

Guy and Dolls というブロードウェイのショーを高校生が好演した。
彼らの舞台を観ていると、ブロードウェイのショーも、近隣の大学や、プロのショーも陳腐に見えてしまう。
高校の講堂なので、小規模でマイクを一切使わないから、手に取る様に見える臨場感からかもしれない。

シンプルだが、
よく工夫を凝らした舞台デザインのせいかもしれない。また照明デザインもよく出来ていた。
オーケストラ=ピットまで舞台上に作り上げ、さらに女子生徒が20人
ラインダンスをして舞台せましと踊り回り、
場面に応じて場末の踊り子の舞台になったり、
救世軍の教会になったり、地下の賭場になったり、すっかりストーリーに入り込んでしまった。

とくに1年生の頃から知っている15−18歳の大人顔負けの体つきと、お色気いっぱいの迫真の演技には圧巻で、、、もうもう男の子のスーツ姿で舞台の上からウィンクを投げる様は、クラクラするほど。 男子生徒までこんなに成長したかとただただ驚きである。

確かに中には、演技もまあまあ、台詞も間違いも抑揚もなくこなす子がいて、学芸会にふと戻る瞬間もあるが、しかしそこは全体でカバーしてしまうのが、高校演劇の醍醐味。コラボレーションの固まりといった感じ。また舞台監督も音楽監督もすごい、
本場、NYのブロードウェーイで長年演劇にかかわり、妻と小劇団を作ってしまったTim Holcom監督は配役は、最高だった。演出から、照明といった細々としたことまで全て2ヶ月で仕上げてしまった。

音楽も18歳と思えない卒業生がピアノを担当しながら、指揮をし、声楽監督とボイスドレーナーはあの巨匠バーンスタインとオペラのプロダクションに関わったというコーラスの先生だったり、親で他校でコーラス教師をしている父親だったりした。

こまかな説明にはきりがない。ただただ、17歳の高校生が隠しきれない湧き出る色気と、天然に備わった勘でギャンプラー好きのヤクザな野郎に恋心を抱き続け、16歳の下級生扮するヤクザ野郎がそれをどう扱ったらよいかと、どぎまぎしながら歌に踊りにあわせていく。

高2の小柄な男子生徒がいつの間にか身に付けてしまった、男の色気で救世軍に成り済ました女子生徒を賭けで落とそうとするが、相手にされず、やがてウブな
キスから、真剣なキスシーンに持っていく技術には舌をまいた。一方周りをとりまく、15〜18歳の高校生扮するギャンブラーたちは、ゴッドファーザーのアルパチーノ並のイタリア系アクセントを折りませ、ヤクザぶりを演じる。

一方オーケストラ=ピットの中高生のジャズマンたちの音楽も、心ニクいほど過剰も過小もしない見事な脇役演奏だった。dd

ああ、もっともっと観ていたかった。



にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ


0 件のコメント:

コメントを投稿