1/23/2009

オバマ大統領就任式後III アメリカ国内、諸国の反応

日本からの友人のメールで、アメリカの新時代にシニカルな人がおいでになる。「期待し過ぎだ」と。ニューヨークのウォール街の反応に近いものがある。それは、日本のメディアの報告か、経済危機の懸念でもあるだろう。
一人の人間にできることには限度があるかもしれない。期待は一人の大統領にではない、彼の肌の色にでも、彼の人種に期待している訳でもない。彼の移民背景でもなく、この新政権へのinclusive包括的な方針に期待をしている。新時代の幕開けだと、肌で感じているからだ。

まずこれらを見て頂きたい。
http://www.msnbc.msn.com/id/21134540/vp/28719791#28802924
第一日目に新政権が着手したものは、
ーケネディ政権では共産党圏から核爆弾、ミサイルがうちこまれると懸念された、キューバとの国境にグワンタナモ収容施設がある。そこの一年以内の封鎖。Yahoo 配信より、
バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は22日、キューバのグアンタナモ(Guantanamo)の米海軍基地にあるテロ容疑者収容施設の1年以内の閉鎖と、テロ容疑者の尋問に拷問のような方法を用いることを禁止する大統領令に署名した。これらの決定は、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)前大統領の政策を明確に拒絶したものといえる。 オバマ大統領が署名した大統領令では、米国の捜査当局に対し、拷問だとの批判も出ている虐待的な方法を用いた尋問を止めるよう命じているほか、米本土で拘束されている唯一の「敵性戦闘員」である、カタール国籍のAli Saleh Kahlah al-Marri被収容者の問題についても、見直しを命じた。
 グアンタナモの収容施設には、2002年1月11日の開設以来、800人以上のテロ容疑者が収容され、現在も約245人が収容されている。ブッシュ前政 権に批判的な人びとからは、テロとの戦いの下で行われた虐待と憲法違反の象徴とされている。(c)AFP/Stephen Collinson


ーヒラリークリントン国務大臣とともに早速記者会見して、軍事より諸外国との友好関係に力を注ぐとのプレスの間で誓った。オバマ新大統領は、今までの大統領のようにイギリスや、カナダの代表と電話でのお祝いを受けず、それよりイラク、イスラエル、エジプトの国家元首と両国間の今後を電話で話し合った。

ーロビーストの活動を制限した。特に前政権で働いたものは、僕がこの政権を握るうちは、一切活動を許さない。
また、彼の上級国会議事堂職員の給料のフリーズ(現行維持)

(昔、メイン州の田舎で店でパンを焼いていた女性が、ホストを勤める評判のラジオ局でビデオも撮っている)

http://www.democracynow.org/2009/1/22/headlines#2

ーブッシュ政権がユタ州などの国立公園近辺を石油会社に売りつけるのを、環境に害があるとして、即時中止させた。


読み終えたら、こちらをクリックしていただくと光栄です。
ランク参加中。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 政治ブログへ

3 件のコメント:

  1. コメントありがとうございます。
    さすがに現地だとリアリティがありますね。
    時々訪問してください。

    返信削除
  2. kohama さま、
    こちらの方こそ、コメントありがとうございます。
    スビリチュアルもとても、興味があって、いくつか投稿もしています。今後ともよろしく、リンクはらせて頂きますね。

    返信削除
  3. ブッシュ政権の後片付けが多々あるので、オバマさんもこれからが勝負ですよね。

    返信削除